情報商材やマルチ関連のコメント・トラバはお断りいたします。

当ブログで最も稼げるポイントサイト!
モッピー | お金がたまるポイントサイト


人気ブログランキング


私の順位は?
→ 人気ブログランキング

2005年02月20日

稼げるブログ第8章 ブログとサイトの相乗効果

稼げるブログ第8章は、ブログとサイトの相乗効果を徹底検証します。人気blogクリック

サイトというのは、広義的にはブログも含むと思うのですが、本稿ではサイトとブログを分けて考えたい思います。

ブログは日記形式のウエブログ、サイトは従来型のサイトです。

サイトとブログの大きな違い。サイトは受身的であり、ブログは能動的であることです。

まず、サイトですが、サイトの多くは掲示板があります。自分のサイトに訪問者を誘導したい場合、弱小サイトの管理人は巨大サイトの掲示板に書き込みをして、そこにリンクを貼って、誘導をはかるという方法が使われています。

しかし、多くの巨大サイトの管理人は宣伝行為を禁じていますので、これは消去されるケースが多いようです。

一方、ブログにも、トラックバックやコメント機能があります。最近、トラバスパムやコメントスパムが問題化していますが、こうした能動的な機能をビルトインされているのが、ブログの特徴でもあります。

関係のない、宣伝でしかないトラバやコメントは消去すればいいので、ほたるはさほど気にはしていませんが、ちょっとむかつくときもありますね。

でも、そういうときは、逆にトラバしちゃうときもあります。トラバ返しですね。相手が一生懸命にトラバして集めた訪問者も逆とラバで奪えるかもしれません。

そのカギを握るのは何か?

これは連載の中で再三、触れてきたのですが、最終的に訪問者をゲットするのはコンテンツの内容が優れているブログです。

私もトラバされて見に行くと、あまりの内容の薄さや宣伝臭にちょっと見て退出します。

さて、そういう機能を持ったブログですが、ブログにはもうひとつ重要な機能があります。

Pingと呼ばれる機能です。私はブログを始めた当初は、あまり気にしていなかったのですが、これは重要です。

たとえば、ブログを更新したとき、ライブドアやシーザーのポータルサイトに自分のブログのタイトルと記事タイトルが表示され、そこから訪問者が訪れます。

内容が濃い、または自分に興味があると思ったブログについては、ブックマークしてくれる可能性もあります。

ですから、Ping機能によって更新の頻度が高いブログほど訪問者が増えるという効果が出てきます。

さて、こうしたブログの機能を前提にサイトとブログの相乗効果について検討します。

私の場合、ブログによるサイトのヒット数貢献度は物凄いものがあります。逆に、サイトのヒット数が増えてくると、今度はブログのヒット数も増えてきます。

具体的に言うと、昨日のサイトとブログのヒット数の関係を公開します。これはアクセス解析を基にした数字ですので、アクセスカウンターとは数字が異なります。

サイトの総ヒット数 2194  うちブログからの訪問者304
ブログの総ヒット数  672  うちサイトからの訪問者100

いかがですか?

この数字を見ると、ブログからサイトに304ヒットもの訪問者(ヒット)があったわけですが、逆にサイトからブログにも100ヒットがありました。これを全ヒット数に対する比率を出してみると、次のようになります。

ブログ→サイト 14%
サイト→ブログ 15%

要するに、ヒット数は違っても、総ヒット数に対する双方の貢献度は同じ程度だということがお分かりいただけたと思います。

最近、サイトの日記をブログにして、こうした相乗効果を狙った管理人さんが増えていますが、問題はサイトが先か、ブログが先か。これからブログやサイトを始められる方は、大いに迷いますよね。

次回はその辺のお話をしたいと思います。

クリックで当サイトを応援してくださいね!頑張りますね
posted by ほたる at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Copyright(C)2004 hotaru All Rights Reserved.

このページの著作権は全てhotaruに帰属します。無断使用・無断転載・無断公開を一切禁止します。また、小遣い稼ぎは自己責任でお願いします。当ブログはリンクフリーです。